早く正確に対応できる給与計算アウトソーシング

企業が従業員の給与計算を自社で行わずに、外部へと発注する方法を給与計算アウトソーシングと言います。給与計算はその内容が従業員一人一人違い細かく、負担も大きいためこのシステムを導入している企業も多くありますが、実際にどの様なメリットがありまたデメリットはないのかなどをお教えします。専門的な知識が必要であり、給与計算業務を行う部署はその業務のみにかなりの時間を費やす事になるため、給与計算アウトソーシング以外にも社労士へと依頼するなどの方法もありますが、元々はアメリカで発展したビジネスで日本に入ってきたのは1990年代以降2000年代頃でした。企業がコストダウンの為、給与計算始め本業ではない所謂付随業務を、外注するという考え方がビジネスモデルとして根付いてきたためです。

給与計算アウトソーシングで依頼できる業務内容

給与計算アウトソーシングへ依頼すると実際には、どの様な内容の業務をやってもらえるのかという部分ですが、給与の計算にあたりタイムカードの集計を行い、更に入社や退社があった場合や人事異動などがあった場合にも、その内容を管理してくれます。それ以外に残業時間の計算や、社会保険料に雇用保険料、税金は住民税と所得税など毎月個人により変動のある計算も依頼する事ができ、会社によっては給与明細の発行から送付までも請け負うところもあります。給与計算を行った後は、給与振り込みとなりますがこの業務も追加で依頼をすると給与計算アウトソーシングに依頼が可能であり、振り込みデータの作成もふくめ企業では全てを任せる事ができるのがメリットです。更には年末調整や住民税更新の代行業務の依頼も可能な為便利であるといえます。

給与計算アウトソーシングにおけるデメリットとは

それでは給与計算アウトソーシングを利用するデメリットとはどの様な事かというと、ここまでいくつもの業務内容を依頼できると紹介してきましたが、これ程の業務委託をしても給与計算に関わる業務は社内にも残っているので、それらをこなさなくてはならないという問題があります。例えば従業員の勤怠管理や従業員情報の更新などがその一つです。こういった業務についても給与計算アウトソーシングから社内で完了し提出する期限が早めに設定されているパターンが多く、結果としてより多忙となってしまう事も少なくありません。また、給与計算アウトソーシングへ業務委託する事で社内には給与計算に関わる知識やノウハウが蓄積されず、委託先でトラブルがあった時に対応できないという事態を引き起こしかねません。それを踏まえて業務委託する場合の痛くないようを検討する必要があります。