人件費を削減して利益を上げるなら給与計算アウトソーシング

給与計算アウトソーシングとは、給与計算業務を外部委託することを示します。一般的に給与計算業務には、毎月の給与計算、賞与計算、年末調整、住民税徴収額更新などが含まれます。専門的ながら非生産的な給与計算業務を外部に委託することで、コストを削減し、より中心的な業務に自社のリソースを集約することが目的となります。外部委託される会社のことをアウトソーサーと呼びます。アウトソーサーは、多数の企業から業務を一括で受託することによって効率が上がり、各企業が自社で処理を行なう場合に要するコストをはるかに下回ることが可能になります。ひとくちに給与計算アウトソーシングといっても、受託する業務範囲や対応規模はアウトソーサーによって異なります。自社に適した給与計算アウトソーシングサービスを見つけるためには、受託業務範囲、対応可能規模、柔軟性という3つの点を検討しましょう。

給与計算アウトソーシングでコア業務へのリソースシフト

給与計算等の業務を外部に委託するメリットにはどのようなポイントがあるでしょう。給与計算アウトソーシングを利用することで、コア業務へのリソースシフトが可能になります。これまで定型業務に割かざるを得なかった人材や時間をコア業務へ集中させることが実現できます。また、労働法・社会保険・所得税・住民税などの専門知識を持った人材を確保するための教育負担が削減され、担当者の急な休職や退職にも対応が可能です。他にも、繁忙期である年末調整の時期などには、担当者の一時的な労働時間の増加、スタッフの増員などが必要になります。法令改正による社内規程変更やプログラム変更等への対応からも開放されます。その結果、人事部としてのコア業務や別の業務への人材や費用等のリソースシフトが可能となります。

コストダウンも給与計算アウトソーシングの大きなメリットです

コストダウンもアウトソーシングする大きなメリットです。給与計算アウトソーサーは大量の業務を処理することで、コストの削減を実現しています。この場合のコストとは、自社内で給与計算を行う場合に発生するすべてのコストと比較して考える必要があります。給与計算担当者の人件費、給与計算システムを自社で運用・管理コスト、そしてシステム管理者の人件費を削減できます。給与計算アウトソーシングは、こうした普段は気にならないコスト部分まで含めたコストを削減できるサービスです。給与計算会社の請け負う範囲は勤怠管理などの人事・総務面にまで及びます。給与計算代行会社を選ぶ際は、自社のどのような業務をアウトソーシングするべきかを考えることです。そうしたことでどんなメリットが生まれるかを想定します。リソースシフトやコストダウンが可能になる給与計算アウトソーシングにぜひ目を向けてみてはいかがでしょうか。