給与計算アウトソーシングで社内効率を上げよう

企業が、従業員の給与計算などを自社で行うのでなく、外部機関に委託する給与計算アウトソーシングのサービスがあります。そもそも給与計算は、専門性が必要不可欠であり、細かい作業も多いので、気を配る業務であり、従業員の負担も大きくなります。さらに従業員が多かったり、雇用形態も正社員やパート勤務など様々になってきたりすると、専門のアウトソーシングの会社に代行を委託することを検討している会社もたくさんあるのではないでしょうか。ですので、給与計算アウトソーシングの全貌はどのようになっているのか気になる方も多いかと思います。もともとは、アウトソーシングを考案していたアメリカで発展していったとされるサービスですが、今回は、給与計算アウトソーシングの詳しい内容や、メリット、デメリットなどを紹介します。

給与計算アウトソーシングが普及するまでとそのサービス内容

日本で給与計算アウトソーシングについて注目されるようになったのは、1990年代のバブル崩壊後と言われています。そして、企業がグローバル化の流れに伴って激しい競争に巻き込まれていく中で、コストダウンを検討する必要性が高まった状況がアウトソーシング普及の背景にあります。特に2000年代になると、企業は本来の業務に専念し、付随している業務については、専門の業者に委託してしまうというビジネスモデルが定着していきました。では、給与計算アウトソーシングでは、どのようなサービスが受けられるのでしょうか。給与計算だけでなく、振込作業や納税も合わせて代行することができます。また、年末調整に関しても代行が可能であり、その時期だけ通常の給与計算のサービスも受けるという会社もあります。

給与計算アウトソーシング利用のメリットと注意すべき点について

給与計算アウトソーシングを利用することによるメリットですが、まずトータル的にコストの削減を実現することが期待できます。コストは人材面とソフトウェアなどのシステム面の二つが挙げられますが、両方のコストをおさえることが可能です。また、毎年のように改正されていく法令に対して、専門家に任せて対応することができるので、従業員への負担も軽減されます。残業管理もしてもらえるとなると、社内の生産性における課題の発見と見直しにもつながるかもしれません。ただし、給与計算代行によって、関係してくる社内業務の期日が早めに設定される場合が多く、時期によっては忙しくなってしまうため注意が必要です。また、アウトソーシングを依頼して何か問題が起きた場合、自社にノウハウが残っていないため、他の会社に代行を委託する必要があるので気を付けましょう。

税理士のセカンドオピニオンです。 年間のご紹介が100件以上! 税務調査21件、2%未満です。 税務顧問サービスです。 黒字率57.9%(日本平均30.9%)です! M&A、事業承継、DDなども対応します! 税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、FPが在籍する法人サポートのエキスパートです。 元銀行マンによる資金調達サポートと資金繰り指導します。 給与計算アウトソーシングした場合の相場について